ママ薬剤師が求人で注意することは?

前向きな姿勢で生き生きと働きたい

薬剤師ママの職場復帰前向きな姿勢で生き生きと働きたい

また、一緒に働く同僚が子育てを終えた女性薬剤師や現在進行形で子育てしながら働いている女性薬剤師が多い場合、比較的状況を分かってもらいやすく子供の急病の際などにフォローし合えたりすることもあるので、同僚薬剤師がどんな年代の人が多いのか、職場の雰囲気をきちんと確認しておくことも大事です。
また、少人数で営業している薬局の場合、一人が急に当日欠勤すると周りの負担の影響が大きいので、大人数で店舗を運営している薬局を選ぶこともポイントかもしれません。
これらは求人票からは正確には分からないことなので、実際に見学に行ってきちんと確認しておくようにしましょう。
男性の多い職場や、独身の若い女性の多い職場であると同じような状況の店舗でもなかなか理解を得られない場合もあり、辛くなって辞めてしまうケースもあるので注意が必要です。
 その他にママ薬剤師の場合、産休や育休で現場を1年以上離れる場合も多く、自分の知らない作用機序の新薬や治療法が続々と出てきても知識が追いつかず、職場復帰する際にそういったブランクのため自分の知識に自信が持てない人も多いため、積極的に勉強会などを行っていたりブランクがある経験者や初心者を歓迎している店舗を選ぶと安心かもしれません。
また、パートで復職希望でも子育てが落ち着いたり慣れてきたらゆくゆくは正社員になりたい場合は、そのように門戸を開いている店舗やそういう実績のある店舗を選ぶと良いでしょう。
子育て中は何かと働くことに制約が多く、子供の急な用事の場合には職場の周りのひとに助けてもらったりすることも多いとは思いますが、そんな中でも子育て中だから仕方ないと諦めず、自分が頑張れることは頑張り、他のスタッフをフォローできるときはフォローするような前向きで積極的な姿勢で働けば職場の理解もさらに得やすくなり、お互いに生き生きと働くことができると思います。
 

働きたい薬剤師ママの求人サイト薬剤師求人サイト最強比較